寿司竜日記 2020年11月18日(月)晴れ

本日は歯医者帰り6時過ぎの往訪である。奥にヒYさんの席、手前にはこのところ来店回数を増やしている税務に詳しいMさん(最近週1回ペースなのでいよいよイニシャルで登場である)がすでに着座して、マスターにいじられながら日本酒を楽しんでいるいつもの風景だ。

そこに関西系のご夫婦が来店である。マスターのくだらないダジャレとシロアリの話を気に入って、このところ続けざまの来店とのことである。関西の方らしく明るく陽気な感じであるが、スマホのケースがなかなか素晴らしい文様で、マスターに「なかなか素晴らしいですねぇ」褒められている。「あの有名な草間彌生のデザインなんですよぉ・・・でも、偽物だけど」と関西系のノリであるが、「バッグも類似ビトンですね」と、マスターのパンチ受ける。

使い古された「起きたっきり老人」に感激する可愛い一面も見せながら、すでに寿司竜10年選手のようににぎやかに談笑し「おいしいおいしい」とお寿司やお刺身をいただいているが、暫くして何やら二人が揉めている。

何ごとかとマスターが確認すると、おつまみで最後に残ったイカ一切れをどちらが食べるかで揉めているのである。

揉めているのはアワビでもウニでもない・・・イカである・・・・・・・カワイイ!

なかなかレベルが高く、シロアリ軍団の中では起こりえないもめごとだと思いながら、一つの歌詞が頭をよぎる。

・・・あれこれ仕事もあるくせに、自分のことは後にする ねたまぬようにあせらぬように飾った世界に流されず好きな誰かを思い続ける・・・

イカ一切れのみならず、アワビでもウニでも自分の食べたいものは後にする、シロアリのようになりたい…。そんなシロアリ軍団の素晴らしさが頭をよぎる一夜であった。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。